Pokémon GO(ポケモンGO)がついに日本でもリリース開始!さっそく家の中でヒトカゲゲットだぜ!

スポンサーリンク

世界中で話題沸騰中の「Pokémon GO(ポケモンGO)」が日本でもついにリリースされました。

早速ダウンロードしてみました。

スポンサーリンク

Pokémon GO(ポケモンGO)のインストール

僕はAndroidなので「Play ストア」から「ポケモンGO」と検索してインストールしました。

発行元が「Nianitic,Inc.」となっているのが本物です。

早速インストールしてみましょう。

当然ながら、位置情報やカメラ、画像、Bluetoothは「Pokémon GO Plus」用ですね。

一応、アプリの説明には「日本語版はもう少し待ってて」とありましたが、全部日本語でした。

Pokémon GO(ポケモンGO)を起動してみる

スポンサーリンク

インストールして、機動すると、最初に年齢を入れます。

次はログインです。面倒なので「GOOGLE」アカウントを使用しました。

(ポケモントレーナークラブはユーザー登録がいりそう?)

注意書きが表示されて

利用規約に同意します。

オーキド博士じゃなくて、ウィロー博士が登場!

色々と説明されまして、やっと主人公を決める画面に。まずは性別から。

決定するときは右下のチェックマークをタップします。

性別を決めたら、外見を決めます。

色々と変更できます。が、一度変えたらもう変更することが出来ないみたいです。

(どっかのポケストップとかに行ったら出来たるするのかな?)

最後にニックネームを決めます。

日本語入れたら怒られました!アルファベットと数字しか使えないそうです。

ポケモンをゲットせよ!

スポンサーリンク

早速「ポケモンがいるぞ!」とウィロー博士が教えてくれました。

最初は3体のポケモンが表示されます。懐かしの初代ポケモンたちです。

ちなみに、表示されている地図は本物の地図。分かる人が見たら家の場所がわかっちゃいますね。

AR機能についての説明が表示されます。OFFにすることも出来るようです。

まずはARで!

家の中なので、汚くてすみません・・・ゴミば後の近くにポケモンが!

ポケモンをゲットするところはうまく写真が撮れませんでしたが、無事にヒトカゲをゲット!

地図は回すことは出来ますが、動かすことはできません。自分が実際に動かないとダメです。

ポケストップは青いアイコン、ジムは白いアイコンです。あちこちにありますね~

近所にある「ポケストップ」や「ジム」の情報はそれぞれをタップすることで表示されます。

「ポケストップ」は写真付きなので、探しやすいです。僕の家のまわりだと、住宅街なので公園とがが多いですね。

「ジム」はポケモントレーナーのレベルが5以上ないと行けないです。

ポケモンを捕まえてレベルを上げる必要があるようですね。

午後に出かける用事があるので、ポケモンゲットしてレベル上げてくる!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする