扇風機の後ろに保冷剤をおいて「なんちゃってクーラー」を作ってみました

スポンサーリンク

令和元年、今年の夏は暑いですね!

自宅の札幌も連日30度超えの猛暑が続いていて、窓を開けても熱風が入ってくるだけ。

こんなに暑い夏は初めてって感じです。

北海道の我が家にはクーラーなんて素敵なものはなく、扇風機があるだけ。

この扇風機を活用して「なんちゃってクーラー」を作ってみました。

「なんちゃってクーラー」の作り方

「作り方」というほどでもないのですが、扇風機の後ろに百均で買ってあったフックの付いたボックスを付けます。

このボックスは網になっているのが最適!!

これをこんなふうに扇風機の後ろに付けます。

あとは冷蔵庫でキンキンに冷やした保冷剤を入るだけ入れます。

スイッチオンで(なんとなく)冷風が!!

スポンサーリンク

扇風機のスイッチを入れると、かすかですがいつもと違う、ちょっとだけ涼しい風が吹いてきている(気がします)。

今年の暑~~い夏はこれで乗り切ろう!!

重要!「なんちゃってクーラー」追記

心地よい風が吹いてくるようになった「なんちゃってクーラー」ですが、大きな欠点が!!

それは、保冷剤が溶けると水が滴り落ちてくるのです!!

扇風機の内部に侵入すると機械の故障や発熱、発火などの危険性があるため、タオルなどで水が落ちないようにする工夫が必要です。

バスケットの底や扇風機本体にタオルをかけて、水が扇風機にかからないように気をつけましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました