VMware Playerを使って仮想環境にWindows10をインストールしてみた

スポンサーリンク

いよいよWindows10がリリースされました。

Windows7以降を使っていると、タスクトレイに「Windows 10を入手する」アイコンがあると思います。

無料でアップグレード出来るのはいいのですが、今まで使っていたアプリが動かなくなる可能性もあります。

特に、仕事でPCを使っていたら、「動かないから今日はやめよ」ってわけにはいきません。

そこで、今のWindows環境はそのままで、仮想環境にWindows10をインストールしてみます。

事前準備

・Windows10のメディアを用意する

こちらにWindow10のメディア入手方法を書きましたのでご参照ください。

・仮想環境を用意する

今回はVMware Playerを使います。非営利目的であれば無償で使えます。

VMwareで仮想環境を構築する

1.VMware Playerで仮想マシンを作成する

ようこその画面が表示されますので、「新規仮想マシンの作成」をクリックします。

新しい仮想マシン ウィザードの画面になります。

この時「インストーラーディスク」または「インストーラーディスク イメージファイル」を指定すると、Windowsの場合は簡易セットアップが起動します。

まれにうまくインストール出来ないことがあるので、「後でOSをインストール」を選択しましょう。

ゲストOSの選択は「Microsoft Windows」バージョンは「Windows 10」「Windows 10 x64」のどちらかを選択します。

次は、仮想マシンの名前と保存場所の指定です。適当な名前で適当な場所に保存します。

特に問題なければデフォルトのままで大丈夫です。

ディスク容量の指定もデフォルトでOK!

準備完了の画面になります。次にインストールディスクを設定しますので「ハードウェアをカスタマイズ」ボタンをクリックします。

ハードウェアの設定画面になります。

メモリが2GBになっているので、母艦(VMwareを動かすPC)に余裕があれば4GBくらいにした方がいいです。

次に、CD/DVDを設定します。

「ISOイメージファイルを使用する」を選択して、ダウンロードしたWindows.isoを指定します。

そのほかのデバイスはそのままで問題ありません。「閉じる」ボタンをクリックします。

先ほどのウィザード画面になりますので、「完了」ボタンをクリックします。

2.仮想マシンにWindows10をインストールする

VMwareのホーム画面から、先ほど作成したWindows10のマシンを起動します。

「仮想マシンの再生」をクリックします。

ソフトウェア更新の画面が表示されたら、「ダウンロードしてインストール」ボタンをクリックします。

しばらくすると「更新が完了しました」となりますので、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

さて、OSのインストールです。

ダウンロードしたメディアが32ビットと64ビットの両方にした場合はアーキテクチャの選択画面になります。

インストールしたいアーキテクチャを選択してください。

Windows7/8とあまり変わらないインストール画面になります。

変更するところがなければ、「次へ」ボタンをクリックしてください。

「今すぐインストール」をクリックします。

プロダクトキーを入力する画面になります。後でもいいので「スキップ」します。

使用許諾の画面です。「同意します」にチェックを付けて「次へ」ボタンをクリックしてください。

インストールの種類を選択します。

ここは必ず「カスタム」を選んでください。

 

「インストールの場所」はこのまま「次へ」ボタンをクリックしてください。

このあと、自動でインストールが進んでいきます。30分~1時間くらいかかりますので、しばらくお待ちください。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました