Windows10のインストールメディアを入手する方法

スポンサーリンク

いよいよWindows10が正式リリースとなりました。

Windows7以降を使っていると、2016年7月28日までは、無償でバージョンアップが可能です!

いままで有料OSで稼いでいたMicrosoftの大きな転換点になりますね。

Microsoftの「メディア作成ツール」を使用してインストールメディアを入手する

基本的にバージョンアップは「Windows Updae」で行われるのですが、今すぐアップグレードしたい、クリアインストールしたい、メディアは手元においておきたいなど、インストールメディアが入手したいケースはたくさんあると思います。

調べてみると、Microsoftから「メディア作成ツール」がリリースされておりました。

ツールの機能は以下のとおりです。

  • ダウンロードをできるだけ短時間で実行するためのファイル形式を採用。
  • USB または DVD 用のメディア作成オプションを標準提供。
  • ISO ファイル形式にオプションで変換可能。

「メディア作成ツール」のダウンロード

こちらのページにアクセスして、ツールをダウンロードします。

32ビット版と64ビット版がありますので、お使いのOSに合うものをダウンロードします。

MediaCreationToolx.exeまたはMediaCreationToolx64.exeがダウンロードされます。

「メディア作成ツール」を起動する

ダウンロードが終わったら、起動します。

起動すると、実行する操作の選択画面になります。

このツールを使って、今すぐアップグレードすることもできます。

今回は、「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。

言語、アーキテクチャ、エディションの選択画面になります。

エディションは、お持ちのWindowsによって「Home」または「Pro」を選んでください。

アーキテクチャは、32ビットか64ビットか、または両方の選択です。

※両方にすると、メディアの容量が大きくなります。

選択したら「次へ」ボタンをクリックです。

使用するメディアの選択画面になります。

USBドライブか、ISOファイルを選択できます。

USBドライブの場合は、初期化されるので、空のUSBドライブを用意しましょう。

今回は、使い勝手のいいISOファイルを選択しました。

選んだら、「次へ」ボタンをクリックです。

クリックすると、ファイルの保存ダイアログが表示されます。

デフォルトのファイル名はWindows.isoになります。保存先を指定して「保存」ボタンをクリックします。

進行状況が表示されています。ファイル容量が数Gバイトと大きいので、気長に待ちましょう。

ダウンロードが終わると、完了画面が表示されます。

「完了」ボタンをクリックして画面を閉じてください。

ダウンロードしたISOファイルはどうするの?

煮るなり焼くなり、好きにしてください。

私は焼かずに、生でClone Driveに噛ませて、WMwareの仮想環境にインストールしてみます。

WMwareの仮想環境へのインストール方法などはこちら

 

コメント