jetAudioで再生している曲の歌詞をLyriczで表示させる設定方法

スポンサーリンク

僕はいつもスマホ(Android)で音楽を聞いています。いろんなプレイヤーを試してみましたが、自分にしっくりと来たプレイヤーが「jetAudio」でした。

ジェットオーディオ - 高音質の音楽プレーヤー - Google Play の Android アプリ
ジェットオーディオは10バンドグラフィックイコライザーと高音質の様々な音場効果をサポートする無料の音楽プレーヤーです。
スポンサーリンク

jetAudioのいいところ

このjetAudio、無料版でもイコライザー設定ができたり、曲の選択方法に「アーティスト」「アルバム」「曲」「ジャンル」そして「フォルダ」があるのが気に入ったところです。

僕は「アーティスト名」ー「アルバム名」というフォルダ単位で曲をSDカードに入れているので、この単位で検索できるプレイヤーが良いんですよね。

ちなみに、フォルダ単位で表示させるときは、「設定」ー「ブラウザ」ー「音楽フォルダ」で格納しているフォルダを指定する必要があります。

次回から「フォルダ」を選択すると今回選んだところが表示されるようになります。

あと、プレイリストも作りやすいです。聞いてる曲を長押しするとメニューの中に「プレイリストに追加」と表示されて、そこをタップすると自分のプレイリスト一覧が出てくるので、入れたいところに追加するか、または「新規」で新しいプレイリストを作るだけ。とっても簡単なんです。

聞いてる曲はほぼJ-POPなので、出来れば歌詞も表示したい!と思って探したアプリが「Lyricz」でした。

Lyricz - Google Play の Android アプリ
Lyriczは再生中の音楽の歌詞を表示するアプリケーションです。Web経由で情報を取得するため、歌詞ファイルをあらかじめ用意する必要はありません。
スポンサーリンク

Lyriczのいいところ

けっこうマニアックな曲も探してくれます。歌詞サイトを3箇所まで設定できるので、それが良いのかもしれません。

僕の場合は以下のように設定しています。

歌詞サイト1:utamap(JPN)

歌詞サイト2:kget(JPN)

歌詞サイト3:ktime(JPN)

その他、洋楽用として「LoveCms」と「Tube365」が用意されているようです。

ただし!このアプリをただインストールしただけでは、歌詞は表示されません!!

お互いのアプリで設定する必要があるんです。

jetAudioで再生している曲の歌詞をLyriczで表示させる設定方法

jetAudio側の設定

jetAudioの「設定」ー「その他」にある「Last.fmに再生情報送信:なし」を「公式Last.fmアプリ」にする必要があります。

これでjetAudio側の設定はOKです。

Lyricz側の設定

Lyriczの「設定」ー「対象Player」を「Official Last.fm」にします。

これで、無事に歌詞が表示されるようになりました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする