Linuxサーバーにメール配信システムをインストールしてみた

スポンサーリンク

ちょっとしたお仕事でLinuxサーバーにメール配信システムを構築することになりました。

お客様の要件は

  • 指定した時刻にメールを配信できること

のみです。一般的に言うと「ステップメール」というやつですね。

いろいろと調べたところ、Linuxで使えそうなのは、

  • phpList
    • https://www.phplist.org/
  • acmailer
    • http://www.acmailer.jp/

の二つのようです。上は英語版、下が日本の方が開発されているようなので、英語の読めない僕はacmailerにしました。

スポンサーリンク

メール配信システム「acmailer」とは

詳細はacmailerのサイトをごらんください。

著作権表示をきちんとしていれば、無料で利用できるソフトです。

acmailer│無料で使えるメール配信CGI「エーシーメーラー」CGI
無料で使えるメール配信CGI。フリーなのに、空メールもデコメールも不着メールの削除も予約配信も差込送信もできる高機能。

メール配信システム「acmailer」をインストールする

今回インストールするLinuxは「conoHa」というVPSサーバーです。普通のレンタルサーバーとは違い、仮想サーバーをまるごと一台レンタルするイメージです。なので、root権限でシステムにアクセスすることができます。OSもCentOSやUbuntu、Debian、FreeBSDなどから選べます。

インターネット上にLinuxサーバーを置いて、自前サーバーを持ちたい人にはピッタリのサービスだと思います。

料金はメモリ容量で変わってきますが、今回インストールしたサーバーはメモリ1GB、ディスク50GBで月額900円です。これで自分のサーバーが持てるっていうのはすごく安いと思います。

ただし、なんでも出来る反面、正しく動作させるためにはLinuxのシステム構築ができるスキルが必要なため、ちょっと敷居は高くなるかもしれません。

さて、話を「acmailer」のインストールに戻します。

公式サイトから「install.cgi」をダウンロードします。perlの配置でインストーラーが変わっています。conoHaの場合は「#!/usr/bin/perl(標準) 」を選択して「ダウンロード」をクリックします。

ファイルをダウンロードしたら、httpdのドキュメントルート以下に「acmailer」用のディレクトリを作り、そこに「install.cgi」をアップロードします。

僕の場合はTeraTermで接続して作業するのが慣れているので、TeraTermを使いました。

TeraTermにファイルをドラッグアンドドロップするとホームディレクトリにファイルがコピーされます。「SCP」をクリックしてサーバー上にファイルをコピーします。

その後、以下のコマンドを入力します。

mkdir /var/www/html/acmailer

chmod 777  /var/www/html/acmailer

cp ~/install.cgi /var/www/html/acmailer

chmod 755 /var/www/html/acmailer/install.cgi

ここまで出来たらブラウザからinstall.cgiに接続します。

以下の画面が出てきたらOK。「開始」ボタンをクリックします。

スポンサーリンク

只今インストール中です・・・の画面になります。このまま数分お待ち下さい。

インストールが終わったら「初期設定画面へ」ボタンが表示されます。通常はこれをクリックすると設定画面に移るのですが、僕の場合はサーバーエラーになってしまいました。

エラーは/var/log/httpd/error_logに書かれています。

これを見ると、「Can’t locate URI/Escape.pm」とか「Can’t locate Digest/MD5.pm」と表示されていました。どうやらperlのモジュールが足りないようです。

以下のコマンドでインストールしたところ、正常に動作するようになりました。

yum -y install perl-URI

yum -y install perl-Digest-MD5

スポンサーリンク

メール配信システム「acmailer」の初期設定

初期設定では以下の項目を入力します。

  • 差出人名:配信メールの差出人名です。
  • メールアドレス:配信メールのメールアドレス(To:)です。
  • ログインID:acmailerにログインするためのIDです。
  • ログインPW:acmailerにログインするためのパスワードです。
  • sendmailパス:通常は変更不要です。
  • CGI設置URL:通常は変更不要です。
  • CGI設置場所:通常は変更不要です。

初期設定が終わるとメイン画面になります。

次のページでは具体的な設定方法をメモっておきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする