Gmailで日付を指定してメールを削除したり既読にする方法

スポンサーリンク

Google社が提供しているGmail、僕も便利に使わせてもらっているのですが、いろんなメールアドレスをGmailで受信しているのでそろそろ整理したいなと思ってきました。

そんなわけで、今回はメールを整理するのに必要な日付を指定してメールを削除したり既読にする方法をメモっておきます。

※ここから先は特に指定がなければ日付はメールの受信日です。

スポンサーリンク

日付で検索するときの注意事項

Gmailで日付検索をする時のタイムゾーンは世界標準時になっています。そのため、9時間ずれてメールが検索されますのでご注意ください。

まずはGMailで日付を指定して対象メールを検索する

メールを削除したり既読にしたりするには、まずは対象のメールを検索する必要があります。

日付を指定して検索する方法はいくつかあります。まずひとつめは「~以前」の指定です。

「~以前」の指定は「before:yyyy/mm/dd」

Gmailの検索窓に「before:yyyy/mm/dd」と入力します。この時のyyyyは西暦、mmは月(ひと桁でもOK)、ddは日(こちらもひと桁でもOK)です。

例えば、2013/12/1以前のメールを探したい時は、「before:2013/12/1」と入力します。

これで2013/12/1以前のメールが表示されます。

スポンサーリンク

「~以降」の指定は「after:yyyy/mm/dd」

Gmailの検索窓に「after:yyyy/mm/dd」と入力します。こちらもyyyyは西暦、mmは月(ひと桁でもOK)、ddは日(こちらもひと桁でもOK)です。

例えば、2013/6/1以降のメールを探したい時は、「after:2013/6/1」と入力します。

2013/6/1から今現在までのメールが選択されます。

日付の範囲で指定する方法

今ご紹介した「before:」と「after:」をあわせて使うと、日付を範囲指定で検索することが出来ます。

例えば、2013年10月に届いたメールを検索したい時は、

after:2013/10/1 before:2013/10/30 とGmailの検索窓に入力します。

その他の日付の指定方法

スポンサーリンク

日付の範囲を指定する方法は他にもいくつかあります。

older: ~以前(before:と同じです)

newer: ~以降(after:と同じです)

以下はちょっと日付の指定方法が違います。日(d)、月(m)、年(y)を指定して、古いメールか新しいメールを検索します。

older_than:

newer_than:

例えば、今から1年以前の古いメールを検索したい時は、older_than:1yと書きます。

2年以前のメールならolder_than:2yです。

こちらもあわせ技が使えるので、2年前のメールのみ検索したい時は、newer_than:3y older_than:1yになります。

選択したメールを削除する方法

検索したメールを削除するには、検索窓の下にあるボックスをクリックして「すべて」を選択します。

検索対象が1ページに収まっていればそれでいいですが、たくさんある場合は、「この検索対象に一致するすべてのメッセージを選択してください」と書かれたところをクリックします。

すると「この検索のすべてのメッセージが選択されています。」に変わります。

これですべてのメッセージが選択されているので、削除はごみ箱アイコンをクリックします。

未読メールを既読にするには「その他」から「既読にする」を選択します。

冒頭にも書きましたが、日付は世界標準時で検索されるので、9時間ずれて選択されてしまいます。時刻まで指定して選択する方法はないみたいなので、どうしてもきっちり選択したい時は、多めに選択してチェックを外す方法をお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする