もう注文で迷わない!スタバのサイズの読み方って?Venti(ベンティ)って何?お得なサイズも調べてみよう!

スポンサーリンク

最近店舗が増えてきたスターバックスコーヒー(通称・スタバ)は皆さんご存知でしょうか?

言わずと知れたコーヒーショップですね。

ただ注文の時、ショートやベンティなど聞きなれない言葉でサイズがわからない!

どのサイズを頼んだらお得なの?なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

その疑問を解き明かしていきましょう!

スポンサーリンク

スタバのビバレッジ(飲み物の種類)

まずはサイズの前に何を飲むか決めないといけませんね。

スタバの飲み物は大きく分けて4つに分かれています。

ちなみにスタバでは飲み物の種類の事をビバレッジと言うそうです。

コーヒー

スタバの代表コーヒーですね。

こちら一般的なドリップコーヒーです。

本格的なアラビカ産コーヒー豆を使用しているようです。

あと定員さんに伝えればデイカフェというカフェインレスのコーヒーで対応してもらえます!

コーヒーが飲みたいけどカフェインが取れないという方には嬉しいですね。

エスプレッソ

コーヒーと何が違うの?と思われる方もいらっしゃると思いますがこちらはドリップではなく専用マシンで完璧に抽出されたエスプレッソを使用しているもの、という事です。

ラテやアメリカ―ノなど種類も豊富です。

こちらも定員さんに伝えればデイカフェというカフェインレスのコーヒーで対応してもらえます!

フラペチーノ

シャリシャリとした口当たりが特徴のフローズンドリンクです。

ドリンクというよりデザートに近いような感覚です。

クリームが乗っていたりチョコレート入りや果実入りなど季節のフレーバーが出るのも特徴です。

スプーンを使って食べるのが綺麗に飲み切るコツです。

ティー、その他

その他、一般的な喫茶店にあるような紅茶、ココア、100%オレンジジュースなどがあります。

スタバはコーヒ―店だからと言ってこちらにも手を抜いておりません。

紅茶は茶葉を数種類から選べるこだわりよう。スタバさん、流石です!

スタバのサイズと読み方さらに容量

それでは種類もわかったところで本題に入りましょう。

日本で馴染みのあるS・M・Lというサイズ分けですがスタバでは以下のようになっています。

ショート(Short)

  • 240ml(アイスは300ml)
  • 一般的にいうSサイズ

ここでポイント!

実はホットの容器だと240mlのショート(Short)ですが、アイスの容器ではなんと300mlなんです!

これは知っておくとお得かもしれませんね。

トール(Tall)

  • 350ml
  • 一般的にいうMサイズ

最近あまり見ませんが自動販売機で売ってる缶の清涼飲料と同じサイズですね。

メニュー表にも一番わかりやすい位置に書いてあります。

グランデ(Grande)

  • 470ml
  • 一般的にいうLサイズ

500mlのペットボトル飲料より一口程度少ない感じです。

ベンティ(Venti)

  • 590ml
  • 一般的にいうLLサイズ

とにかくたくさん飲みたいという時はこちらではないでしょうか。

トレンタ(Trenta)

  • 約910ml
  • 一般的なサイズではない
  • アメリカのみの販売

日本では残念ながら注文できませんが本場アメリカのスタバに行った際はぜひご注文してみてはいかがでしょうか。

お得なサイズはどれ?

読み方と容量までわかると気になってくるのがどれを買えばお得なの?というところです。

それでは比べてみましょう!

容量と料金比較

一番わかりやすいドリップコーヒーで調べてみました。

Short(ショート) 240ml 280円 

Tall(トール)   350ml 320円 

Grande(グランデ) 470ml 360円 

Venti(ベンティ)   590ml  400円

なので1mlあたりの値段は下記のとおりになります。

Short(ショート) 1.17円

Tall(トール)   0.91円

Grande(グランデ)0.77円

Venti(ベンティ)  0.68円

なんとサイズを大きくすればするほどお得になる事がわかります。

ちなみにShort(ショート)のアイスだと300mlなので1mlあたりは1.07円です!

それでも結果は変わりませんね。

お財布と胃袋に余裕があればVenti(ベンティ)を頼む事をお勧めします!

ぜひ気軽にスタバに立ち寄ってみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする