ディスクを丸ごとバックアップするフリーソフト「EaseUS Todo Backup Free」を使ってみた

スポンサーリンク

今回、中古で購入したレッツノートのディスク交換のために、ディスクを丸ごとバックアップできるソフトを探しました。

スポンサーリンク

丸ごとバックアップとファイルコピーの違い

ここで、丸ごとバックアップと普通のファイルコピーの違いを簡単にメモっておきます。普通のファイルコピーは、ファイル単位でコピーして別のフォルダやドライブに保存しておくことです。そのためのフリーソフトはたくさんあります。

僕もMicrosoft社の「SyncToy」を使っていますが、バックアップを取るには最適なソフトです。なによりWindowsを作ったMicrosoft社製というのも安心です。

一方、丸ごとバックアップはディスク全体をバックアップします。このディスクにはコンピューターの起動に必要な情報や、OSが含まれています。またWindowsの場合はレジストリというシステムの様々な情報を記録しているファイルもあります。こうしたファイルはOSが起動している間はコピーができない仕組みになっています。

僕がディスクを交換したかった理由

僕の場合、中古で購入したレッツノートがハードディスクだったので、手元にあった高速なSSDに交換したいと思いました。実際交換したところ、Windowsが起動してログイン画面が出るまで、ハードディスクだと10秒くらいかかっていたのですが、SSDにしたところ5秒もかからずに表示されるようになりました。

また、普段の操作もとても快適になりました。SSDってすごいですよね。

システム(OS)が入っているディスクの交換は難しい?

システム(OS)が入っているディスクを入れ替える作業って案外大変なものです。

新しいディスクを搭載して、そこにOSをインストールして、Wifiなどのネットワークの設定をして、普段使っているツール類をインストールと設定をして・・・と書いているだけでも面倒くさくなってしまいます(^^;

そんなときは、OSを含めたディスクを丸ごとバックアップできるととても便利です。

実はWindows7以降は標準でシステムをバックアップできる「イメージバックアップ」が搭載されているのですが、復元時にOSのディスクが必要だったりとけっこう面倒です。

僕の場合、中古で購入したレッツノートのハードディスクをSSDに交換したかったので、ディスクを丸ごとバックアップできるソフトをあれこれ探してみました。

有料だと「Acronis True Image」や「LB イメージバックアップ」などが有名で「Acronis True Image」は以前使っていたのですがバージョンが古すぎてWindows8には対応しておらず・・・

そこで見つけたのが「EaseUS Todo Backup Free」です。

EaseUS Todo Backup Freeのインストール

公式サイトから「Todo Backup Free」をダウンロードします。Free版とHome版がありますが、通常使用であればFree版で十分です。

完璧な無料データバックアップソフト - EaseUS Todo Backup Free
【EaseUS公式サイト】EaseUS Todo Backup Freeは無料であなたのデータをコンピュータ、ハードドライブ、ネットワーク、CD / DVDなどの複数の場所までもバックアップできるソフトウェアです。

サイトにアクセスして「無料ダウンロード」をクリックします。

メールアドレスを入力する画面になるのでメールアドレスを入力します。

※「最新のソフトウェアアップデートやサービス情報をEメールで受け取ることを希望します。」のチェックは付けても外してもOKです。

「無料体験」ボタンをクリックしてダウンロードします。

ダウンロードした「tb_free」を実行します。

言語を選択して「OK」ボタンをクリックします。

Home版の購入を勧められますがそのまま「次へ」ボタンをクリックします。

「使用許諾契約書の同意」画面になりますので「同意」ボタンをクリックします。

インストール先はこのままでいいので「次へ」ボタンをクリックします。

追加タスクの設定では

  • デスクトップ上にアイコンを追加する
  • ユーザーエクスペリエンス向上プログラムに参加する

のチェックをお好みにして「次へ」ボタンをクリックします。

次は個人データ保存先の選択になります。このソフトはファイルをバックアップすることもできるので、そのバックアップ先です。今回は使わない機能なのでこのままにしておいて「次へ」ボタンをクリックします。

インストールが始まり、完了画面が表示されたら「完了」ボタンをクリックします。

EaseUS Todo Backup Freeを使ってみる

デスクトップ上にアイコンを作ったので、起動します。

と、その前にバックアップ先のディスクを接続しましょう。僕はノートパソコンなのでUSBでディスクを接続します。

その前に、ディスクのサイズなどを確認してみましょう。

まず、持っているSSDは2.5インチ、接続部はmSATAと呼ばれる小さなサイズです。これを3.5インチに変換するために購入したのが以下の2点です。

ELUTENG mSATA 変換 SATA 2.5 アダプター 30x50mm mSATA ケース アルミ合金殻 高排熱性 SATA 3.0 6Gbps SSD mSATA to 2.5インチ 自作 pc パーツ for Mac / Win10 / 8 / 7 / VISTA / XP / Linuxなど対応

新品価格
¥859から
(2017/10/1 13:42時点)

こちらはmSATAのSSDを2.5インチHDDに変換するためのアダプタとケースです。

ケースはレッツノートに装填するときだけに使い、アダプタは以下のUSB変換ケースに実装するときも使います。

ELUTENG 2.5インチ HDD ケース USB3.0 スケルトン SSD ボックス SATA III 外付けハードディスク 5Gbps 高速データ転送 UASP対応 透明シリーズ ポータブル ssd ドライブ 120GB 128GB 240GB 256GB 500GB 512GB 1TB 2TB など対応 2139U3 けーす

新品価格
¥848から
(2017/10/1 13:51時点)

こちらは2.5インチSSDをUSB3.0に変換するアダプタです。クリアケースが付いているのでむき出しじゃないのがいいです。

2では、.5インチに変換したSSDをUSB変換ケースに入れてレッツノートのUSB3.0ポートに接続して、先ほどインストールした「EaseUS Todo Backup Free 10.6」を起動します。

※バージョンはインストールした時期で変わります。

初めて起動するとフリーバージョンで良いか確認が来るので「後で」ボタンをクリックします。

メイン画面が起動してきます。ディスクを丸ごとバックアップするには「クローン」をクリックします。

はじめにソース(コピー元)を決めます。通常は内蔵ハードディスクなので「ハードディスク0」になります。

左にあるチェックボックスをチェックして「次へ」ボタンをクリックします。

次はターゲット(コピー先)を決める画面です。こちらは「ハードディスク1」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。

※なぜか「ハードディスク0」もチェックできてしまうので気をつけてください。

最後に確認画面になります。よければ「実行」ボタンをクリックします。

256GBのHDDで1時間くらいでバックアップできました。

ディスクを交換する

バックアップができたらディスクの交換です。レッツノートは2.5HDDなので、SSDの接続部分であるmSATAを2.5インチ用のSATAに変換する必要があります。

それがこちら。

ELUTENG mSATA 変換 SATA 2.5 アダプター 30x50mm mSATA ケース アルミ合金殻 高排熱性 SATA 3.0 6Gbps SSD mSATA to 2.5インチ 自作 pc パーツ for Mac / Win10 / 8 / 7 / VISTA / XP / Linuxなど対応

新品価格
¥859から
(2017/10/1 13:42時点)

しっかりしたアルミケースが付いているのでレッツノートのHDDとそのまま交換できました!!

定期的にバックアップを!!

システムはいつ壊れるかわかりません。HDDやSSDにも寿命があります。定期的にバックアップをとっておくのがいいです。

僕は月に一度、取り外したHDDにバックアップを取っています。

HDDは購入したケースに入れておき、月に一度、レッツノートに接続して「EaseUS Todo Backup Free 10.6」を起動してクローンを作成するだけ。1時間くらいで終わりますし、PCで他の作業をしていても問題ありません。

転ばぬ先のバックアップを取っておく癖をつけるといいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする