【黒猫のウィズ】「ALTERNA ~腐蝕の聖域~」 同属性のパネルがつながる連続解答などの遊び方まとめ

スポンサーリンク

魔法使いと黒猫のウィズで始まった「ALTERNA ~腐蝕の聖域~」では今までと遊び方がかなり違います。新しく変わった遊び方をまとめました。

スポンサーリンク

同属性のパネルがつながる!

今回のクイズは縦横に隣り合った同属性のパネルがくっつくようになっています。ただし斜めはダメです。

くっついたパネルを踏むと「連続解答」モードになります。最高4回連続正解することで大きなダメージを与えることができます。

パネル変換の精霊を連れて行くのがこのイベントでは重要になってきます。

連続解答について

初めて搭載された連続解答についてまとめてみました。

スポンサーリンク

連続解答モードが終わってから敵へ攻撃

今まではパネル1問ごとに敵へ攻撃でしたが、連続解答モードのときは連続解答が終わってからの攻撃になります。連続しているパネルの数だけ攻撃が2倍、3倍、4倍となります。

全問正解するほどダメージが大きくなります。

複数つながったクイズパネルの問題解答順は、選択したパネルから時計回りの順

連続解答モード時は、選択したパネルから時計回り順に答えていきます。なので得意なパネルから答えていくのがいいです。

連続正解中、問題に不正解した場合でも選択したパネル数分の問題が継続

連続解答モードで問題に不正解した時は、稼げるターンやスキルが1つ減るだけで連続解答モードは継続します。

解答時間、およびAS発動時間はつながったクイズパネル分の合算

解答時間とAS発動時間はつながったクイズパネル分の合算になります。4枚分のパネルであればAS発動時間は5秒×4枚=20秒、解答時間は20秒×4枚=80秒になります。

問題に不正解した場合、不正解1問につきチェインは半分

問題に不正解した場合は、今まで通り1問につきチェインが半分になります。

SSスキル<見破り>を使ったときは?

連続解答に<見破り>を使ったときは1問のみ見破れます。

スポンサーリンク

特殊パネルの効果について

特殊パネルの効果は2種類あります。

同じ効果のパネルは1回のみ適応

例えばパネル変換で「攻撃力+100」を4枚作ってもその効果は+100の1回のみです。複数枚合算にはなりませんのでご注意ください。

違う効果のパネルは重複して適応

「パネルの効果をランダムで付与」の精霊であれば違う効果のパネルが作れます。この場合はその効果が重複されて適応になるので、この精霊のほうが有利ですね。

種族が術士の精霊のマナ・エレメント上限が400に!!

スポンサーリンク

魔族専用のマナ・エレメント「古き賢者のマナ・エレメント」が新登場です!!

今回の「ALTERNA ~腐蝕の聖域~」イベントのミッションなどをクリアすることで入手できます。

 

潜在能力、潜在結晶が使えません!

とっても有利な条件で戦えると思いきや、今回もデッキコストダウン以外の潜在能力や潜在結晶が使えません!!

ファストスキルやパネルブーストや九死一生、攻撃力アップなどなど、今まで活用していた潜在能力や潜在結晶が使えません。連続解答モードをうまく活用して乗り切りましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする